Chinzeiya(椿説屋)

商品紹介

猪肉精肉

主に、自社食肉処理場(ももんじファクトリー)のある島原半島で捕獲された猪以外に、大分県、熊本県などの提携施設より仕入を行い、安定供給を目指しています。
部位:モモ、カタ、カタロース、ロース、バラ、ヒレ、ミンチ用

(画像は、猪肉外もも)

鹿肉精肉

 主に、大分県、熊本県などの提携施設より仕入を行い、安定供給を目指しています。提携施設に関しては、自社による監査を行い、技術・衛生面においてクリアできた施設のみとし、必要に応じて適宜指導を行っております。
部位:モモ、カタ、ロース、ヒレ、ミンチ用
(画像は、鹿肉シンタマ)

穴熊肉

 「幻のジビエ」とも言われる”アナグマ”肉。
冬場から春先にかけてのアナグマは、脂の乗りも良く、肉よりも脂を食べるという感じ。
とは言え、さっぱりとしており、すき焼きなどで食べると”絶品”と言われています。
アナグマは、果実や穀物(主にトウモロコシなど)を好んで食べているようです。
冬に備えて、イチゴ、ミカン、柿などを食べてたアナグマの脂は、ほのかに食べたものの香りがすると言われています。

※アナグマについては「部位」の指定等は出来ませんので、あらかじめご了承ください。

猪肉ミートボール
 鉄分豊富、高タンパク低カロリーの猪肉を、ジビエならでは食感を楽しんで頂くため、粗挽きミンチでミートボールに仕上げました。カレーやシチュー、ポトフなどの煮込み料理、鍋の具材にも最適。味付けも塩だけで調味料等は使用しておらず、素材の旨みをご堪能いただけます。
【アレルギー物質:豚肉、牛肉、大豆】


鹿肉のミートボール
 鉄分が豊富で高タンパク低カロリーの鹿肉を、本来の味わいを残しつつ、使いやすいミートボールにしました。カレーやシチュー、ポトフのような煮込み料理、鍋の具材にも最適です。粗挽きミンチのミートボールに仕上げているため、鹿肉本来の風味・旨み、食感を楽しめる商品です。
【アレルギー物質:豚肉、牛肉、大豆】